社内での恋愛は歓迎される

手

会社側の配慮も大切

一昔前、社内恋愛はご法度という企業が結構ありました。社内恋愛を禁止する明確な理由を明文化する会社はありませんでしたが、恋愛をしている社員、中でも女性側の士気が下がることを大いに懸念していたようです。現在では、そのような時代錯誤の会社は殆ど存在しません。むしろ、社内恋愛から社内結婚に進むことで、社員夫婦が確実に会社に留まってくれると、歓迎するムードも多々あります。社内恋愛からの結婚は、円満な家庭の象徴として会社側からも祝福されることも多くなりました。そして、社内恋愛から結婚に進むことで、会社側が配慮してくれる事例も出てきました。小さな事業所では問題ありませんが、大きな会社に夫婦で勤務するとなると、様々な生活の問題が生じます。新婚夫婦の新居と仕事場が遠いという場合、奥さん側を家から近い事業所に配置転換してくれる配慮も多いといいます。また、夫婦で同じ会社にいるということで、旦那さんの転勤命令も少なくなるというメリットもあるようです。営業部員であれば転勤は必須ですが、近場の事業所を行き来することに限定している事例も多いようです。単身赴任ということを想定して転勤辞令が出されることもありますが、それほど長期の赴任はないようです。単身赴任については、会社側が拠出する支援金もあるので、それほど長い期間の命令は下せないのです。社内恋愛、社内結婚の環境は、現在ではかなり旨みのあるものになってきました。

PICK UP

カップルのイラスト

社内での恋愛を考える

社内恋愛には共通の知り合いがいる、同じ職場なので常に一緒にいられる、近くにいるのでモチベーションがあがる等のメリットがあります。メリット以外には分かれた場合には相手の悪口を言いふらさない、また付き合っている間は社内では言いふらさない等のマナーを守る事が大切です

LOVE

パーティーを使った婚活に

お見合いパーティーは大阪でも多く開催されているので、時間のない方や理想の相手がいない場合に有効です。お見合いパーティーの種類は着席対面型がありますが、完全着席型やフリースタイル形式などもあります。他の形式では、同じ趣味を持つ方が集まるもの、動物触れ合い参加型、旅行型のお見合いバスツアーもあります。